JPK38 FC

地球上の多くの乗り物は年々高速化が進み、安全性も高まっています。これはセーリング界でも同じで、最近ではレース艇は空を飛んで走るようになり、クルージングボートも高速化が進んでいます。

cockpit_dessus3いつものごとく妄想しながら情報収集をしていると、またもや楽しそうな艇を見つけました。

JPK38FC (Fast Cuiser)はフランスで製造されているハイスピードクルージングボートです。艇体はOPEN40のモールドを使っており、ツインラダーでガンポールも付いてます。デッキはクルージング仕様に造られていて、居住性も良さそうです。38フィートありながら重量はわずか5.5トン! 艇体はFRP製ですが20mm厚のコアをインヒュージョンバキューム製法でサンドイッチしているので、軽くて丈夫です。

フランスでは、JPK38FCのような楽しそうな艇が多く見つかりますね。ミニトランサットやヴェンディ・グローブなどセーリングに対する考えが外洋に向いています。近年、日本でも外洋セーリングのブームがきつつあると感じています。神戸・横濱ヨットレース沖縄東海ヨットレースなど。

東海地方ではClass40も進水し、東北の貴帆チームもPogo40をフランスで進水しました。

外洋レースや外洋クルージングに若手がもっと参戦していける土俵を考えたいと感じる今日この頃です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です