DCQ “Dérogations au Calendrier de Qualification”

ミニトランサット出場に向けて、とても重要となる書類を作り始めています。
DCQとはフランス語で「Dérogations au Calendrier de Qualification」の略で、クォリファイカレンダーの免除制度です。

って、なに?となりますよね。
ミニトランサットの出場枠は約80艇ですが、2019年大会出場を目指して活動しているセーラーは100名を超えています。80名の枠はクォリファイ*を取得した順に埋まっていき、すでに半数以上が埋まってしまいました。

年間15レース以上あるクラスミニ協会主催のレースをフィニッシュすることで、マイルがたまる仕組みですが、遠方セーラーは滞在期間が限られるので一気にマイルを貯めることができません。

そこでヨーロッパ圏外のセーラーを対象とした制度がDCQです。
出場枠80艇のうち、6枠がDCQに振り当てられ、DCQを申請したヨーロッパ圏外のセーラーでこの6枠を競います。たった6枠ですが、今のところは順調に進められています。

可能であればDCQを使用せず他選手と同じの土俵で出場権を競いたかったですが、生活の拠点を日本に残しながらミニトランサット出場を目指すには、この制度に頼らざる得ません。
逆を言うとクラスミニ協会として、ヨーロッパ圏外から来るセーラーを歓迎していると言うことにもなります。
実際、フランスで活動をしていると協会の方やセーラー達から、とても温かな歓迎を受けます。とても嬉しいことです。

まだこの書類は作り始めで、これから重めの文章を書かなくてはならないのですが、私の意気込みがしっかり伝わるものにしたいと思います。

 

*クォリファイ
ミニトランサットに参加する艇での、
1,500マイル レース経験
1,000マイル 無寄港ソロセーリング 他

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です